命に危険がある頭痛もある

まずは、頭痛の種類について説明します。
頭痛は大きく2つのタイプに分けることができます。

  1. 命の危険がない痛み(一次性頭痛、慢性頭痛)
  2. 命の危険がある痛み(二次性頭痛)

この2つのタイプの頭痛は原因や対策が全く異なります。

命の危険がない痛み(一次性頭痛、慢性頭痛)

命の危険がない痛みというのは、よく耳にする
「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発性頭痛」などのことを指します。

大きく次の4タイプに分類することができます。

1.片頭痛

日本の成人の8.4%(約840万人)が苦しんでいると報告されている頭痛。
頭の血管が拡張して、周囲が炎症をおこすことで起こる、ズキズキとした痛みがある。
20~50歳代の女性に悩みを抱える人が多い。

2.緊張型頭痛

日本の成人の22.0%(約2,200万人)が苦しんでいると報告されている頭痛。
頭や首回りの筋肉が緊張して起こる、締め付けられるような痛みがある。

3.群発生頭痛

群発地震のように、一定期間に集中して起こる頭痛。
必ず頭の片側だけに痛みがある。 20~30歳代の男性に多く起きる。

4.混合型頭痛

片頭痛と緊張型頭痛が同時に起こるという、やっかいな頭痛。

これらの頭痛の場合、どれほど辛い痛みがあっても命に別状はありません。
また、この原因の多くが日常生活や、自身の体質に隠されており、対策すれば治すことが可能です。

2.命の危険がある痛み(二次性頭痛)

次に説明するのは「命の危険がある痛み(頭痛)」です。
まず、以下の症状を感じていませんでしょうか?

・意識障害 ・高熱 ・麻痺 ・視覚異常 ・記憶障害 ・言語障害 ・手足の痺れ

もし、このような症状がある方は、今すぐに総合病院に行き
MRIやCTスキャンなどで頭の内部検査・精密検査を受けてください。

なぜなら、これらの症状は「脳腫瘍」や「くも膜下出血」などの命に関わる病気
原因で頭痛が起こっている可能性があるからです。

このような危険信号の状態を放置しておくと、取り返しのつかないことになります。
今すぐ病院で検査を受けてください。

頭痛の種類によって、原因は実に様々です。
症状によって、取るべき対策が違うということを知ってください。

頭痛治療についても内田院長が何でも相談にのります。お気軽にどうぞ!

なんでも無料メール相談

24時間受付 内田院長がお返事します。わからないこと、不安なことがあったら何でも聞いてください。

直接お話ししたい方は電話でもOKです

頭痛はなぜ起こるのか?

頭痛を改善するには?

他にこんな症状ありませんか?

具体的な治療例

具体的な治療例

最近では、妻の「頭が痛い」という言葉を聞かなくなりました。
お試しテンプレートを噛みながら、エクササイズしておりましたら、最近では、妻の「頭が痛い」という言葉を聞かなくなりました。本当に、ありがとうございました!

あの転げ回るような頭痛はすっかり治まりました!
あの頭痛のことしか考えられなかった日が嘘のように、今は毎日楽しく過ごせております。気持ちよく眠れております。とにかく、ここまで良くなったのは先生のおかげです。ありがとうございます。

「群発頭痛」に悩む人たちのサイトで、先生のことを教えてあげたいと思います。
主人の「群発頭痛」の発作期も、どうやら治まったようです。こんなに早く終わったのは初めてで、主人も驚いています。「このエクササイズのおかげとしか言いようがない」と申しております。とにかく、「群発頭痛」に悩む人たちのサイトで、先生のことを教えてあげたいと思います。誰も先生の情報は載せていませんから。

頭痛薬を手放して、代わりにお試しテンプレートは絶対に手放せないものになりました。
実際の所、最初半信半疑でした。でも、どんな疑問にもすぐに答えていただき、アドバイスを受け励ましていただきながらエクササイズ(首、肩の運動)お試しテンプレートを続けました。すると不思議な位、楽になりました。

その他の患者様の声はこちら

ウチダ歯科クリニック

〒890-0082
鹿児島県鹿児島市紫原4-19-7
TEL:099-251-2248

内田院長の治療法で頭痛が改善した方が開設しているサイト→頭痛の原因・解消ガイド(院長が監修しています)