眠れない(睡眠中よく目が覚める)

私のこれまでの経験上、頭痛持ちの方にはよく眠れていない方が多いように思います。

  • 寝付きが悪い
  • 朝起きるのが辛い
  • グッスリ眠れない
  • 昼間に眠気がくる

頭痛の相談の他にも、このような悩みの相談を毎日のように受けています。

あまり知られていませんが、日本人の5人に1人は睡眠障害を抱えていると言われています。

そして、睡眠障害に悩まれている人の90%近くの人が、病気や生活習慣が原因となっています。
例えば、高血圧、糖尿病、脳血管疾患などの生活習慣病や、鬱病などの精神的な病気などです。

本当はとても深刻なことなのですが、世間ではとても軽視されているように感じています。
そして、睡眠障害の改善方法もあまり知られていません。

しかし、実はこの睡眠障害も歯科の観点から改善することができます。
これまでに私のところに来院された不眠で悩まれる87%の方は噛み合わせの治療で不眠を改善することができました。

「また噛み合わせ治療で改善か・・・」と思われるかもしれませんね。

では、なぜ歯の噛み合わせ治療で睡眠障害が改善されるのでしょうか?
睡眠障害と歯の噛み合わせの関係をを説明しましょう。

歯の噛み合わせと睡眠障害の関係(原因)

噛み合わせという視点から、睡眠障害を引き起こす理由は大きく2つ考えられます。

1.顎が小さく、下顎が後退している

顎が小さく、下顎が後退して噛み合わせが合わなくなっている方の多くが、
仰向けに寝ると口の中の舌が落ち込み、気道を狭くします。

仰向けになった状態で口を大きく開けた時、ノドチンコが見えないひとは舌が後ろに後退して、気道が狭くなっています。

舌が大きく後退している状態とノドチンコが見えていない状態

気道が狭くなることで、充分な呼吸ができなくなり、いびきをかくようになります。
わかりやすく説明すると、これは首を絞められたような状態で寝ているのと同じことです。

首が絞められ、十分な呼吸ができない状態では、脳に十分な酸素を送ることもできず、ゆっくりと休息することができないのです。結果、睡眠不足になってしまうのです。

これでは、休日1日中眠っていても、スッキリすることはできません。

2.寝ているときに歯を噛み締めている

寝ているときに歯をグッと噛み締めながら眠っている人も、熟睡をすることはできません。

噛み締めている人は、寝ている間ずっと脳から「Y運動神経の過剰収縮」という命令を出し続けていることになります。

常に脳が活動している状態になっているため、寝ていても脳に疲労が溜まってしまうのです。

3.反対咬合のため、下顎が動きにくい

反対咬合

反対咬合の写真がほしい

上下の歯の噛み合わせが反対になっている反対咬合の人は、寝ている間ずっと下顎が動きにくく、顎を動かす筋肉がいつも緊張している状態で止まっています。

この状態が続いていると顎の筋肉だけでなく、脳も緊張した状態であり続けるため、熟睡することができないのです。

睡眠障害を解決するためには?

そもそも、眠ることというのは脳波を調べたときにノンレム睡眠(深い眠り)の状態を指します。

ノンレム睡眠は脳(大脳皮質)が休息し、眼球が緩やかに動き、血圧心拍数が安定している状態のことです。

では、先ほど紹介した原因を改善し、ノンレム睡眠を手に入れるためには、どうすれば良いのか?

まず、下顎が後退している方は、テンプレート療法で下顎を前に出す治療をします。

テンプレートをはめて寝ると、寝ている間も下顎を前に出すことができ、舌が気道を狭くするのを防ぐことができます。その結果、しっかりと呼吸をすることができ、脳に十分な酸素が行き届き、脳を休めることができるようになります。

また、寝ている間もずっと噛み締めている人にもテンプレート療法が効果的です。

スリープスプリント・テンプレートでなぜ眠れるの?

テンプレートを使用することで、歯を食いしばることがなくなり、咀嚼筋という歯を噛む筋肉を伸ばすことができ、脳を休ませることができるようになるからです。

そして、最後に反対咬合の人は歯列矯正です。

歯列矯正をすることで、下顎が動きやすくなり、咀嚼筋の緊張はなくなります。そうすることで、寝ているときに脳がリラックスでき、熟睡できるようになるのです。

私は、睡眠障害と歯科には深い関係があると考えています。

病院で不眠の治療を受けても、全く改善されない方、
歯の噛み合わせが原因で睡眠障害を起こしている可能性もありますので、是非一度噛み合わせが原因ではないかと疑ってみるべきだと思います。

頭痛治療についても内田院長が何でも相談にのります。お気軽にどうぞ!

なんでも無料メール相談

24時間受付 内田院長がお返事します。わからないこと、不安なことがあったら何でも聞いてください。

直接お話ししたい方は電話でもOKです

頭痛はなぜ起こるのか?

頭痛を改善するには?

他にこんな症状ありませんか?

具体的な治療例

具体的な治療例

最近では、妻の「頭が痛い」という言葉を聞かなくなりました。
お試しテンプレートを噛みながら、エクササイズしておりましたら、最近では、妻の「頭が痛い」という言葉を聞かなくなりました。本当に、ありがとうございました!

あの転げ回るような頭痛はすっかり治まりました!
あの頭痛のことしか考えられなかった日が嘘のように、今は毎日楽しく過ごせております。気持ちよく眠れております。とにかく、ここまで良くなったのは先生のおかげです。ありがとうございます。

「群発頭痛」に悩む人たちのサイトで、先生のことを教えてあげたいと思います。
主人の「群発頭痛」の発作期も、どうやら治まったようです。こんなに早く終わったのは初めてで、主人も驚いています。「このエクササイズのおかげとしか言いようがない」と申しております。とにかく、「群発頭痛」に悩む人たちのサイトで、先生のことを教えてあげたいと思います。誰も先生の情報は載せていませんから。

頭痛薬を手放して、代わりにお試しテンプレートは絶対に手放せないものになりました。
実際の所、最初半信半疑でした。でも、どんな疑問にもすぐに答えていただき、アドバイスを受け励ましていただきながらエクササイズ(首、肩の運動)お試しテンプレートを続けました。すると不思議な位、楽になりました。

その他の患者様の声はこちら

ウチダ歯科クリニック

〒890-0082
鹿児島県鹿児島市紫原4-19-7
TEL:099-251-2248

内田院長の治療法で頭痛が改善した方が開設しているサイト→頭痛の原因・解消ガイド(院長が監修しています)