過蓋(かがい)咬合による頭痛

過蓋咬合とは噛みこみが深い噛み合わせです。

特徴として、上前歯が下前歯に深く被っていたり、下前歯が少ししか見えません。
以下の写真が過蓋咬合の患者さんの口の中の様子です。

過蓋咬合の口内の状態

このような噛み合わせの状態が続いていると、
頭が徐々に前傾し、頸椎がひずみ、最終的に頭痛がおきます。

頸椎が歪んでいる人は猫背になるため、私は一目でわかります。
また、モアレ写真でも体の歪みを知ることができ、その場合、頭からお尻にかけての体の軸が斜めになっています。

症例1

左の術前の写真を見てください。
噛みこみが深い為、頭が前に倒れています。また、体の歪みから頭が左にも傾いているのがわかります。

そして、このような体の歪みから緊張型頭痛を引き起こしていたのです。

この方の治療法として、テンプレートで下顎を前方移動させることで、頭を起こしました。
その結果、頸椎の歪みが改善され、頭痛を治すことができたのです。

噛み込みが深く、頭が前に倒れている様子

症例2

写真は男大学生です。まずは、左のモアレ写真を見てください。

体の軸に対して、頭の位置が左にあるのがわかります。
また、右肩が下がっています。(この状態のことを「肩甲骨周囲左右非対称」と言います。)

そして、この状態が原因で頭痛が起こっていました。

この方もテンプレート療法によって歯の噛み合わせを改善。
体の歪みを治すことで、頭痛を解消することができました。

モアレ写真と噛み合わせの様子

頭痛治療についても内田院長が何でも相談にのります。お気軽にどうぞ!

なんでも無料メール相談

24時間受付 内田院長がお返事します。わからないこと、不安なことがあったら何でも聞いてください。

直接お話ししたい方は電話でもOKです

頭痛はなぜ起こるのか?

頭痛を改善するには?

他にこんな症状ありませんか?

具体的な治療例

具体的な治療例

最近では、妻の「頭が痛い」という言葉を聞かなくなりました。
お試しテンプレートを噛みながら、エクササイズしておりましたら、最近では、妻の「頭が痛い」という言葉を聞かなくなりました。本当に、ありがとうございました!

あの転げ回るような頭痛はすっかり治まりました!
あの頭痛のことしか考えられなかった日が嘘のように、今は毎日楽しく過ごせております。気持ちよく眠れております。とにかく、ここまで良くなったのは先生のおかげです。ありがとうございます。

「群発頭痛」に悩む人たちのサイトで、先生のことを教えてあげたいと思います。
主人の「群発頭痛」の発作期も、どうやら治まったようです。こんなに早く終わったのは初めてで、主人も驚いています。「このエクササイズのおかげとしか言いようがない」と申しております。とにかく、「群発頭痛」に悩む人たちのサイトで、先生のことを教えてあげたいと思います。誰も先生の情報は載せていませんから。

頭痛薬を手放して、代わりにお試しテンプレートは絶対に手放せないものになりました。
実際の所、最初半信半疑でした。でも、どんな疑問にもすぐに答えていただき、アドバイスを受け励ましていただきながらエクササイズ(首、肩の運動)お試しテンプレートを続けました。すると不思議な位、楽になりました。

その他の患者様の声はこちら

ウチダ歯科クリニック

〒890-0082
鹿児島県鹿児島市紫原4-19-7
TEL:099-251-2248

内田院長の治療法で頭痛が改善した方が開設しているサイト→頭痛の原因・解消ガイド(院長が監修しています)